Take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by rose_chocolat

2017年 MY映画ランキング

<gooブログからの転載です>




うわあ。前回記事から3か月経ってます(苦笑)
2017年は真面目にブログしようと思いつつも・・・。
ついつい手軽なスマホで書ける「Filmarks」でメモっぽく書いておしまい!となることが多くてね・・・。


去年はもう、ランキング作ること自体をスルーしてしまいましたが(!)、
今年はちゃんとランキングだけはしたいかなと思います。
そうじゃないとほんとに記憶に残らないので。



劇場鑑賞 劇場公開・旧作・映画祭合わせて、

上半期73本+下半期94本=167本

でした。
2016年より50本近く減ってます。2017年ランクは、洋画邦画全てひっくるめてつけます。
記事はないけど、TwitterとかFilmarksを(あったら)貼っておきます。





次点『ビジランテ』
こういう「日本的な土壌」って、何も田舎に限らず全国、いや世界中に存在してると思うんですよね。
抵抗勢力は裏から潰す。縁故で固める。
反吐が出るような世界を、まんまガチで描きに行った姿勢が好きです。



第10位『散歩する侵略者』
黒沢監督の作品っていつも眠くなってしまうことが多いんですが(!)、これは非常に飽きさせなかった。発想が面白い。
(と思ったら原作がありましたね)
概念があることが当たり前な現世で、それを取り去ったら人はどうなるか?
取り去った先に未来はあるのか? SF的だけど何気に笑えない現実的な部分もあった。
概念にがんじがらめになる一方で、概念なんて知るか!という人がいるのも事実。そのアンバランスさを突いているのがいい。



第9位『オン・ザ・ミルキー・ロード』
クストリッツァ作品はいつも奇想天外、一体何が来るかわかんない面白さが毎回あって好きなんです。
今回も常人では考えつかない展開…
しかしながらそこにあったのは、クストリッツァ流の愛の讃歌でした。
欲望に忠実に、大胆ながらも細やかな愛情を注いで、そして哀愁に満ちたラストも好きでした。




第8位『夜明けの祈り』
「フランス映画祭2017」にて鑑賞。2017年8月公開。
第2次大戦後に限らず、戦乱の混乱期で犠牲になるのは常に一般市民である。
犠牲から逃れようとする人の前に立ちふさがるのは何も悪だけではない。
信仰という、真っ先に尊ばれるべきものであっても、その解釈を誤った時に価値が堕落していく。
一見いい顔をしながら、その実なんの意味もなさない権威は、現在にも多く存在していることを改めて思う。



第7位『エル ELLE』
どこまでも「女であること」を通して行くことができるとこんな結末にもなりかねない。
女であることを最大限見せつつも、標的となったらすぐさま自分を徹底的に守る。
ある意味非難される生き方でもセレブなら、そしてフランスならあり?(苦笑)
そこに、女という「業」を絡めた秀作。語るにふさわしい作品です。



第6位『ベイビー・ドライバー』
「ストーリー」「音楽」「カーアクション」の3点が見事に一体化した作品。
カーアクションだけが先走りすることなく、またテクニックが正確なので、そのマッチングがひたすら心地よかったです。




第5位『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
2回観てますね。今年は上位に来る作品は複数回見ているものが多いです。

過去を持った男が頑なに生きるには、マンチェスターのように、どこかうらぶれた町がふさわしいのかもしれない。
成り行きで世話をすることになった甥っ子に対する厳しすぎる視線は、どうしたらほぐれていくのか。
罪は背負って生きねばならない、しかしながら罪に捕われて周囲すら見えなくなることが贖罪なのか。
大小関わらず、人は罪の意識を持って生きている以上、共存しながらも生きねばならない。ある意味、贖罪だけを考えるよりもはるかに厳しい生き方なのだろう。



第4位『ノクターナル・アニマルズ』

元夫が創作した小説が劇中劇として展開される。
その凄惨な結末に目を覆ってしまう女は、しかしながら、その凄惨さと同じくらいの心の傷を相手に負わせていたことには気が付かない。

些細な心の揺れ、ブレがいつしか大きな溝になっていく。そこまで達する間にどれほどのいさかいがあったのか。
そこを劇中劇でまざまざと見せつけられてしまう。
人が人を傷つけるということは、傷つけた人間の何百倍ものダメージを、傷つけられた人間が追うことになるということ。
獣ののように相手を罵ることの代わりに、もし自分の傷を癒したいならどうすればいいか。
ラストのたたずまいも、その傷の深さを見せてくれている。贖罪を断ること以上の復讐があるだろうか。
深く深く、心を抉られる。




第3位『静かなる叫び』

未体験ゾーン映画祭2017から。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督初期の作品です。1989年12月6日、モントリオール理工科大学で起きた銃乱射事件がテーマでした。
犯人、被害者、生存者たちのいきさつと、その後をきっちりと描く。
最近の監督の躍進ぶりもいいんですが、でもこれこそ一般公開してほしい・・・。忘れてはいけない事件だからこそ、公開されることで伝わることがある。自分を取り巻く枠組みに呪縛されることの愚かしさを知ってほしいと切に思います。




第2位『パターソン』

これも2回観てますね。
1回だと物足りなくて、また足を運ぼうと思わせてしまう。

私たちの暮らしている日々は、その大半が「何も起こらない毎日」なのかもしれない。
そう思っていても、実は細かい変化は随所にあって、それに気が付かないだけなのかもしれない。
毎日のルーティーンのなかで、どんな変化も見逃さずに、それについて展開を追ってみたり、
自分自身の心の中を追求していくと、こんな映画ができる。

劇中の詩がそうですね。単純なパラグラフからどんどん連想されていく世界。
それは決してありふれたつまらないものではなく、たった1つしかない自分自身だけのもの。
詩的に生きられるということの幸せを噛み締めたい。
胸を張って生きていっていい。そんなパワーをくれた作品でした。
マーヴィンも可愛すぎる!



第1位『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

これは3回観ました。2月に1回、3月に2回。

人としての感覚を狂わせるくらいにキリキリに働くことの異常さに慣れてしまい、
人を人とも思わなくなってしまっていることにすら気が付かない男。
完璧なまでに作られた自分の世界を壊しきっていくことで、
それまで抑えていたもの、封印していた衝動を取り戻していく話でした。

人として、上昇志向の中で生きていると、自分を何もかも完璧に作り上げたくなることがあると思うんですが、
果たしてそれが幸せにつながっていくのか。すっかり取り払ってから、それまで考えたこともなかった志が生まれることがある。
破壊から生まれる再生という視点がたまらなく素敵でした。




・・・・ということでした。

上位3作品はすぐ決まったけど、どういう順位にするかは相当悩んだ。どれも捨てがたかったしね。
描いていることは過酷でも、そこに希望が感じられたり、解釈が普遍的なものが好きなので、どれも見応えありました。


2018年はもっとちゃんとレビューしたいけど・・・。今考えているのは、ここじゃなくて別媒体に移そうかな?ということです。
ブログという書き方が果たして合っているのかどうか。
長文書くには捨てがたいけど、スマートフォン時代の今、他でも試験的に作ってみようかと思っています。


ということでもう年明けちゃいましたが(笑)、またいい映画観ましょう!






こちらはTB専用です。
コメントは、
http://blog.goo.ne.jp/rose_chocolat/e/18d7f6f7ea6b429a416e16007e901903
へお願いします。



スポンサーサイト
  • Posted by rose_chocolat
  •  6
  •  3

Comment - 6

Wed
2018.01.03

まっつぁんこ  

FC2

FC2からのTBは気まぐれ。
ちゃんと飛んだりダメだったり(笑)
まだ届いてないみたいです。

2018/01/03 (Wed) 18:07 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.01.03

rose_chocolat  

To まっつぁんこさん

早速ありがとうですw
同じFC2にはすぐつきますね。
ライブドアとは相性悪いのかも。

2018/01/03 (Wed) 18:42 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.01.04

ノラネコ  

あけましておめでとうございます

こっちに引っ越すのですか?
去年のMVPは文句無しでビルニューブとヨン・サンホでした。
新作が二本あって、旧作が公開されたのも偶然同じ。
「ノクターナル」はウチも迷いました。
天に二物も三物ももらっている。
この才能は凄いですね。
今年もよろしくお願いします。

2018/01/04 (Thu) 21:45 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.01.04

真紅  

FC2へようこそ♪

rose_chocolatさん、こんにちは。お疲れ様です^^ 早速やってきました。
↑でノラネコさんもおっしゃっていますが、引っ越すわけではないのですね?
ならばこちら(FC2)はTBのみにして、コメントはオフにしてはどうでしょう?
コメントはgooのみで。そのほうが、rose_chocolatさんの負担が小さいように思います。
と言いつつこちらにコメしてるアタシ^^;
こんなヤツですが今年もよろしくお願いします^^

2018/01/04 (Thu) 21:52 | EDIT | REPLY |   
Fri
2018.01.05

rose_chocolat  

To ノラネコさん

引っ越すわけではなくて(gooの方が慣れてるんで使いやすいのです・・・)、
でもTBなくなったらそれはブログとしての価値あんまりないのではないかと思って、作ってみました。
本当はWordpressみたいなとこにしようかとも思ったんだけど、あまりにも負担が大きすぎるし、
またほったらかしにしてもなあと思ったので、取りあえず既存のところで。

ヴィルヌーヴ作品は最近大型になって来ちゃって、『灼熱の魂』以来しっくりくるものがなかったんですが、
この『静かなる叫び』は『灼熱・・』の1つ前の作品で、とても沁みました。
ご覧になってなかったら是非に。
『ノクターナル・・』は、タッチがよかったのと、ジェイクなんで加点だったかなw
今年もよろしくお願いします。

2018/01/05 (Fri) 09:02 | EDIT | REPLY |   
Fri
2018.01.05

rose_chocolat  

To 真紅さん

早速ありがとうございます。
そうなんです。コメントどうしようかなと思ってて。
たぶん両方見る器量がなさそうな気がして、こちらは今後はコメントなしにしようかと思います。
でも、ブロとも?ってやつ? あれがあるので、コメントあった方がいいのかなとかいろいろ考え中。
あと、解析が出来なくて困ってるので、またいろいろ教えてください。
今年もよろしくお願いします。

2018/01/05 (Fri) 09:04 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

- 3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  2017 Unforgettable Movies
  • 世界が騒がしかった2017年も、もうすぐ終わり。 2016年は、歴史的な傑作が続出した“日本映画奇跡の年”だったが、やはり二年連続で奇跡は起こらない。 もちろん良い日本映画は多かったが、昨年の様に突出した作品が月替わりで出るようなサプライズは無かった。 変わって傑作を連発したのは韓国映画。 386黄金世代のパク・チャヌクらも気を吐いたが、ナ・ホンジンやヨン・サンホと言ったその次の世代...
  • 2018.01.04 (Thu) 18:04 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  •  2017年面白かった映画マイベスト10
  • 今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします! ちょっと早いのですが、お正月明けまで、PCを使えないので・・・ コメント返しやTBなどは、後日させて下さい。      2017年 面白かった映画ベスト10です
  • 2018.01.08 (Mon) 11:13 | ポコアポコヤ 映画倉庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。